元塾長の知識箱

元塾長の知識箱

7年間個別指導塾の塾長だったわたしが勉強の悩みを解決!【全学年対応|全教科対応|指導&面談経験あり】Twitterも更新中✧︎*。

塾の選びで重要なポイント【4選】

 

塾をどんな視点で選べばいいかわからなくて困っていませんか?

 

体験授業にもたくさん行ったけど、決めきれない…!

 

子どもの成績を上げるためにお金を払って行かせる塾です。慎重になって当然ですよね。

 

では、今回は後悔しない塾選びのために見るべき重要ポイントをご紹介します。

 

f:id:fufu_kaiketsu:20190718140532j:image

 

塾選びはなぜ大事?どこも同じでは?

 

塾はそれぞれに特徴があります。まずは個別指導塾と集団塾の違いがありますね。

 

fufu-kaiketsu.hatenablog.jp

 

同じ個別指導塾でも塾によって特徴は異なります。もっといえば、同じグループの塾でも教室単位で特徴は異なります

 

そのため体験授業で実際に行ってみないと、子どもに合う塾は分からないということですね。

  

塾のおまかな違い
  • 集団塾 or 個別指導塾
  • 進学塾 or 補習塾

 

上記以外にもまだまだ違いはあります。

 

その他の違い
  • 塾長の人柄・知識量
  • 教室の環境
  • 講師の質・学力

 

これらを総合的に見て塾選びをしなければなりません。でも全部見るのは難しいですよね。

 

最低限見るべきポイントを具体的にお話しします。

 

塾選びにおける重要ポイント【4選】

 

では具体的にどのように塾を選べばいいかみていきましょう。

  

塾選びにおけるはずせないポイント
  • ニーズに合っているか
  • 塾長の知識が豊富
  • 教室が整理されている
  • 子どもの体験授業の反応がいい

  

ニーズに合っているか

  

まずは塾がニーズに合っているかが重要です。

 

たとえば学校の授業の補修を希望しているのに、進学塾に行くのはおかしいですよね。

 

塾を探す際は、通う目的を明確にしなければなりません。

 

いま学校のテストが平均以下(現状)なんですが、平均以上(目標)にすることは可能ですか?

 

現状と目標を伝えて、ニーズに応えてもらえるか確認しましょう。

 

塾長の知識が豊富

 

入塾するとこれから塾長と定期面談をします。その際、受験情報やカリキュラムの相談をします。

 

ご家庭の疑問を解決してくれる塾長でなければなりません。

 

はじめの面談では塾長がどこまで知識を持っているか判断しづらいです。そこでこんな質問をしてみてください。

 

塾長への質問例
  • 「先生は地元の方なんですか?」
  • 「何年、塾長されてますか?」
  • 「この教室の塾長歴は何年ですか?」
  • 「うちと同じ中学の生徒はいますか?」
  • 「○○高校に去年合格した生徒はいますか?」
  • 「○○大学を目指している生徒はいますか?」

 

  •  地元?塾長歴は?

この質問はあまり参考にならないかもしれません。地元でなくても、塾長歴が短くてもしっかり勉強している人は知識があります。

 

でも地元で10年塾長をしている塾長と1年の塾長であれば、10年の塾長の方が知識が多いと考えるのが普通です。あくまで参考程度に聞いてみてください。

 

  • 同じ中学の生徒はいる?

同じ中学の生徒がいると、定期テストの出題傾向などを把握しています。テストがいつあるか、学校の進度が速いか遅いかなどもわかります。(把握してない人もいるかもしれませんが)

 

同じ中学の生徒がいた方が安心です。

 

  • ○○高校に合格した生徒はいる?

志望校に合格した人がいると安心ですね。適切なカリキュラムを立ててもらえる確信がもてます。

 

  • ○○大学を目指している生徒はいる?

実際に同じ志望校を目指している生徒がいれば、対応してもらえるということです。その志望校にあった講師陣をそろえていると考えられます。

 

また塾長は合格のためのカリキュラムを立てる知識を持っているということですね。

 

教室が整理されている

 

整理されていない教室は、塾長に問題がある可能性大です。教室環境が悪い=カリキュラム管理がずさんな可能性があります。

 

それに教室が散らかっていると、勉強に集中できる環境ではないのでやめておいた方がいいですね。

 

面談スペースだけでなく、授業スペースも整理されているか見渡してみましょう。

 

子どもの体験授業の反応がいい

 

親がどれだけ塾を気にいっても、実際に通うのは子どもです。

 

子どもが体験授業を受けてみて「わかりやすかった!」「楽しかった!」「また通いたい!」という塾にしましょう。

 

本人が気に入らないと、塾に行くのを嫌がります。本人が嫌がっていると成果も出にくいので、子どもの反応は重要視してください。

  

月謝の検討は後回しにすべし

 

塾選びのポイントをご紹介してきました。 でも親が一番気になるのは正直、月謝ですよね。

 

でも月謝で塾を決めるべきではありません。たしかに塾に出せる毎月の予算は限られていると思います。

 

でも安いことを理由に他の条件を妥協してしまうと、結局成績が伸びない可能性が高いです。

 

fufu-kaiketsu.hatenablog.jp

 

目標を達成できる塾を慎重に選ぶようにしましょう!